読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごま塩ふりふり

生活感にあふれた雑記帳

ローラの傷だらけ/ゴールデンボンバー


なるべく広く、
なるべく浅くのスタンスで
私は音楽を愛しています

先日浅瀬でまた最高の音楽に
巡り会ってしまいました


女々しくて で一世を風靡した

ゴールデンボンバーの楽曲です

タイトルからしてクスリと笑えます


ああ〜〜〜!!!!

Σ(・ω・;ll)ビクッ


出だしから悲痛な叫び!

いったい何事かと思いますよ( ´∀`)


あら?

また一行とばしになっちゃう(´,,•ω•,,`)


メタル調の激しい音が

ローラへの愛の強さを表しているように聴こえてきます〜(*´つω・。)


なんと健気で、犯罪的なほどの

ローラへの愛。。。

痛いほどにローラへの強い気持ちが伝わってくる歌詞です


想い人のローラが

誰よりもすばらしいという気持ちを

表す一つの語りの手段として

今までに惚れた女たちが

いかにひどい女だったか、

一人一人羅列するんですが

それがツボにはまりました( ´∀`)


間奏でもローラへの悲痛な愛の叫び、叫び、叫び。。。

彼は名を呼び打ちひしがれることしかできないのです


「すべてが愛しい」


これに尽きるんですね(´;ω;`)

もう、もう。。。

好きすぎてまじつらたん!

どころではないんです彼は(´;ω;`)


歌詞の内容からは

ローラ、ちょっと遊び人なのかな?

むしろ今までの娘たちと同列

もしくはそれ以下の部分があるんじゃないの?

って心配になる部分もありますが笑

恋は盲目とはよく言ったものですね


本当に好きになると、

(歌詞の中では愛してるとさえ言っています)

周りから見てちょっとどうなの?(´・ω・`)

って思うような部分も魅力として映るんですね〜


メロディーラインが覚えやすいところも私のお気に入りになる重要なポイントです


いわゆるコミックバンドというカテゴリーに属すには彼らにはいささか枠が小さすぎる気がします

優れた音楽性にユーモアと個性をしっかり盛り込んである素晴らしい楽曲だと思いました!

コンサートもきっと楽しいんでしょうね〜

コンサートに行きたいアーティストがまた増えました( ´ ▽ ` )ノ